自社工場のご案内

factory infomation

物づくりの核となる自社工場

埼玉県比企郡ときがわ町にある自社工場は、都心から遠くない位置にありながら自然に恵まれた風光明媚な場所にあります。


ときがわ町の地場産業といえば、ときがわ産材を使った木工業。木は、弊社でも物づくりの核となる重要な存在です。


廃材(製材工場やチップ工場等から産出される端材や樹皮)を使った環境にやさしいペレットストーブを推進する町の姿勢には、自然の恵みを余すことなく循環させる想いがこめられています。


その精神に、そして質のいい商品を提供し続けていきたいという信念を持って、この地に工場を建てるに至りました。

発注に対して迅速に対応できる秘訣【1】-豊富な製造機器-

合板から作り上げ、依頼された製図通りに完成させる…それには、仲介業者を挟んでいては時間やコストも掛かります。


お客様の希望にかなったものをスピーディーに、かつ正確でいて安全な商品を納品するため様々な製造機器を取り揃えています。



※右画像は、最新の工作機械(NC複合機 BIESSE Rover Gold 1232)です。作業効率を上げると共にクリエイティブなものづくりができるのであれば、機器への投資は惜しまない姿勢です。


発注に対して迅速に対応できる秘訣【2】-内部コミュニケーション-

遊び心ある木製のファブリックの裏には、休憩室が設けられています。


本来であれば、ゆったりと体を休める場所になりますが、作業以外の時間は納品までの段取りや技術的な情報確認、効率のいい作業方法についてなど、活発な交流が図られます。


このちょっとした時間が、大きな進展を生み出す一歩になることも。


作業場では仕事に集中し、休憩時間にはコミュニケーションをとって仲間同士で確認し合う…これもスピーディー+完成度の高い製作物に繋がる大きなキーワードになります。

発注に対して迅速に対応できる秘訣【3】-外部コミュニケーション-

多くの機材や内部とのコミュニケーションが盛んでも、すべての資材を揃えることは不可能です。足りないものは外部に発注することになります。


ここで重要となるのが普段からお互いに交流を図り、急な案件にも対応できる協力関係を結んでおくこと。こちらからの要求ばかり押し付けるのではなく、相手側の状況や要望を受け入れる柔軟な姿勢も必要です。



「他社との協力体制が生み出すスピード力」は、その場限りの関係では生まれることはなく、長い間の信頼関係に基づき作られていきます。


外部協力業者とうまく連携をとることで、困難と思われる発注物を製作可能にする…内外問わずコミュニケーションを図ることで成り立つ繋がりを、弊社は大切にしています。